アーチェリーをするために必要な力

アーチェリーをするために必要な力

アーチェリーをするために必要な力 私は何年間かアーチェリーをした経験があります。アーチェリーをするためには弓など、必要な道具をそろえなければならないのですが、これがなかなか良い金額がするため、もし大きな大会に参加する選手を目指すのであれば大きな金額が必要となります。私は、今は趣味程度に行なうようになっておりますが、アーチェリーは集中力を必要とする競技なので、自分の精神を極めるためには良いスポーツとなります。

アーチェリーにはインドアとアウトドアに分かれていまして、インドアでしたら的までの距離は大体30mくらいなのですが、アウトドアとなりますと70m、男子の競技でしたら90mまで的が離れているものもあります。なので矢を的に当てるにはかなりの集中力が必要となるのです。そして、弓の力は20kg近くでして、弓の糸を一刺し指・中指・薬指の3本の指で引っ張るのです。つまり10kgの米袋を2つ、3本の指で持ち上げていると考えて良いかもしれません。競技となりますとそれだけ肩の力が必要となるため、かなり鍛えなければなりません。私も一時期は方を鍛えるために、かなりの筋肉トレーニングをしていきました。軽く運動するには良いスポーツなので、時々楽しんでおります。

Copyright (C)2014アーチェリーをするために必要な力.All rights reserved.